夜行バスは座席が良く、横になれる

夜行バスのイメージとして、観光バスがそのまま夜行バスになっただけで、狭くて、シートが固くて、周りの人に気を使ってリクライニングができず、一睡もできないまま目的地に着いて、疲れて動けない、っていうイメージがあるかもしれません。 でもそれは昔の話で最近では乗り心地と快適さを追求したバスが多く、バスの種類も多くシートが2列、3列、4列のタイプが選べれて、もちろん少人数になるほど個室感もあり高級感があります。しかしどのタイプも使徒自体の幅が広く、シートのクッションが柔らかく前後の間隔を広くすることでリクライニングしやすく、横になっても周りに気を使わなくて済むようになっています。足置きもあるタイプもあり、足も伸ばして安眠できるので、目的地に着いてから活動的に楽しむことができます。 快適さを追求したバスには、少人数で、全てのシートがカーテンで区切られていて、シートがデラックスな幅と座り心地になっていて、もちろんほぼベッドのように倒すことができるので安眠できます。テレビやDVDも観れるモニター付きで、コンセントに読書灯、Wi-Fiもありひとりの時間を満喫することもできます。トイレも個室が広く着替えもしやすく洗面台があるのでお化粧などもしやすくなっています。このようにバスの旅はどんどん快適になっているのです。